介護のあれこれ

母の日の娘たちからのプレゼント。016.gif
f0337250_21565621.jpg
いつもありがとう。うれしい010.gif


ウィンキーは14歳3ヶ月くらいまでは、ニコと同じ生肉中心の手作り食でしたが、少しずつ残すようになったので、ペースト状にしたりリゾット風にしたり工夫しましたが、癌によくないという炭水化物と糖を控えると、手作り食では栄養とカロリーが不足してしまいます。
自然療法の先生に仔犬用などの高たんぱく、高カロリーの柔らかいフードを勧められました。
ウィンキーが食べていたフードです。すべて無添加です。これに野菜や納豆、サプリメントをプラスして約2ヶ月間この食事でした。


f0337250_21573402.jpg

その後ウィンキーは亡くなる約一週間前からそれまで食べていた物が食べられなくなりました。
f0337250_21571671.jpg
病院でもらったシリンダーで水やカタスパンを水で溶いたものを飲ませました。
カタスパンは緊急に高タンパク、高カロリー、高必須アミノ酸等の栄養補給を必要とする健康状態の栄養管理サポート食です。
ミルクの様なおいしそうな匂いがしてこれは飲んでくれたのでとても助かりました。
サプリメントはまだご飯が食べられていた頃に混ぜていたものです。 抗酸化作用が中心のサプリメントです。
老犬に「ホエイ」とDHA・EPAはいいらしいです。

今年に入ってから痙攣発作を起こしました。頭を前後に振って、うなずくような痙攣です。毎日続きました。
自然療法の先生には「老化による脳の萎縮」「認知症の症状の一つ」と言われました。
そして勧められたのは人間の認知症に効果があるという米ぬかからできた「フェルガード100」です。(訴訟問題で話題になっていたそうですが)
これを飲みはじめてから飲んでいる間は一度も痙攣発作がでなかったんです。
食事ができなくなって、フェルガードも飲まなくなった時にまた発作がでたので、やはりウィンキーには効果があったと思います。
最後までボケることなく、ウィンキーのままでいることができました。
これは痴呆や発作に効果があるよ!とお勧めしたいところですが、発作が出始めた初期だったことや、たまたま体に合っただけかもしれないです。
痴呆の症状が出たときは癌とわかった時と同じくらいショックだったかもしれないです。
f0337250_21591623.jpg
シニアライフをがんばっているワンコたち、それを支えているご家族のみなさまが健康で幸せでありますように!


応援してね。034.gifポチッお願いね。
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村 いつもありがとう。

[PR]
by winico | 2014-05-12 23:06 | 老犬・介護のこと
<< アウトレットに行ったよ。 シニアライフお役立ちアイテム ... >>